使うシーンに合ったメガネを選択

スポーツをする際にはスポーツメガネを

汗をかいたり、激しい動きをしたりすることもあるため、スポーツをする際には、普段使っているメガネではなくスポーツ用のメガネを選ぶようにしましょう。危ないからと言ってメガネを外したままスポーツをする子供もいますが、視界がぼやけたままだと、怪我などの心配があります。スポーツ用に作られたメガネは、激しく動いてもずれにくくなっています。スポーツに集中することができれば、子供自身、メガネを気にすることなくのびのびと過ごせるようになるでしょう。スポーツメガネには、スポーツ専用メガネと、ゴーグルタイプのものがあります。それぞれにメリットやデメリットがあり、デザインも大きく異なるため、子供と話し合いながら最適なものを選ぶようにしましょう。

授業で使用する際には、ストレスを感じないものを

学校や塾で授業を受ける際、黒板に書かれた文字や図形などを見る機会はとても多いものです。また、板書をノートに写すため、書かれているものが見えにくいと、大きなストレスを感じてしまうでしょう。一生懸命読み取ろうと目を細めたりする子供も少なくありません。そのような行動は、子供にとって大きな負担となってしまいます。勉強自体に集中することもできないでしょう。目が疲れやすくなるため、生活に支障を感じるケースも考えられます。それを回避するためには、一番後ろの席に座ってもしっかり板書が見えるよう、メガネを掛けた時に0.7以上の視力を確保するようにします。メガネを購入した後も、定期的に視力を確認し、その時々に合わせて適切なサポートをするようにしましょう。

Back to Top